本店は 江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15 茶碗

¥12,600

(税込) 送料込み

4
4

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
出品した商品は、柏木素龍·自筆「法華経(妙法蓮華経)」のうち、「安楽行品」の自筆です。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
自筆下部の印は、杉田玄白、上の印は「大槻玄沢」(仙台藩医)の落款です。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
大槻玄沢は杉田玄白の筆頭弟子。玄沢の名は杉田玄白の「玄」と前野良沢の「沢」をいただいたものとして有名。

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
「安楽行品(あんらくぎょうほん)」の内容の要旨は次の通りです。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)は、文殊師利菩薩が、世で安楽に妙法蓮華経を修行する方法を問うたのに対し、釈尊が身·口·意·誓願の四種の安楽行を説き、これによって初心の人が妙法蓮華経を弘通し修行することを示した。具体的には、第一に身を安定にして、静寂の処にあって修行すること。第二に他人を軽蔑せず、穏やかな心で口に宣べ説くこと。第三にこの経を受持し読誦する者は、他の仏法を学ぶ者に対して嫉妬、争いの心を抱かないこと。第四に大慈大悲の心で一切衆生を救おうとの誓願を発することなどが記されている。

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
海外展示に際し、「Le Lotus de la Bon Loi·Soryu」〔和訳·法華経(妙法蓮華経)素龍〕
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
と表記されております。この表記は、フランス·アメリカなど欧米の大学
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
美術館等に展示のための「仕様基準」に準拠し表記されているものです。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
坂本幸男·元立正大学学長は、その著「法華経」(岩波書店刊)冒頭で、「法華経は、
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
信仰の対象として強く深くあがめられ唱えられてきたが、同時に美しい比喩や巧み
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
な説話の数々が文学·芸術の世界にも豊かなものをもたらした」と記しております。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
「法華経」の自筆が海外において額縁で展示されるのはこうした理由によるものです。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
出品した商品は、松尾芭蕉の親友で江戸·浅草·自性院住職·柏木素龍·自筆「法華経(妙法蓮華経)」です。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
素龍は、松尾芭蕉の「奥の細道(国指定重要文化財)」を「清書(素龍·清書本)」した能筆家として有名です。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
自筆は重厚勤厳な「真書体(経典体)」です。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
「額縁入原本」
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
写真の印のうち、下が「杉田玄白」の落款、
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
上が仙台藩医「大槻玄沢」の落款。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
「自筆原本」
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
出品した自筆の「原文(漢文)」は次の通りです。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
《妙法蓮華經。安楽行品(あんらくぎょうほん)》
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
《令得一》····切種智。爾時世尊。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
欲重宣此義。而説偈言。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
菩薩常楽。安穏説法。於清浄地。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
而施床座。以油塗身。澡浴塵穢。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
著新浄衣。内外倶浄。安処法座。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
随問為説。若有比丘。及比丘尼。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
諸優婆塞。及優婆夷。国王王子。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
群臣士民。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
(文責·出品者)

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
出品した自筆の「原文の読み下し文」は次の通りです。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
《妙法蓮華経 安楽行品(あんらくぎょうほん)》
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
《解説して一》·····切種智を得せしめよ。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
爾(そ)の時に世尊(せそん)、重ねてこの義を宣(の)べんと欲して、
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
偈(げ)を説(と)いて言わく、
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
菩薩(ぼさつ)常に楽って 安穏(あんのん)に法を説け
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
清浄の地に於(おい)て 牀座を施し
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
油を以(もっ)て身に塗り 塵穢を澡浴し
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
新浄の衣を著 内外倶(とも)に浄くして
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
法座に安処して 問に随(したが)って為に説け
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
もし比丘(ぴく) 及び比丘(ぴく)
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
尼諸(もろもろ)の優婆塞(うばそく) 及び優婆夷(うばい)
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
国王 王子 群臣士民あらば····《微妙(みみょう)の義を以(もっ)て》
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
(訳·出品者)

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
出品した自筆の「原文の現代語訳文」は次の通りです。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
《素龍清書本(重要文化財指定)の能筆家·素龍·自筆「法華経」》
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
《妙法蓮華経 安楽行品(あんらくぎょうほん)》
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
《大乗のみを以て、為に解説して一》···切種智を得さしめよ。」
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
その時世尊は、重ねてこの義を宣べたいと思い、偈を以て説かれました。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
菩薩は、常に、願って安穏に法を説け。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
清浄の地に牀座〈坐る床〉を作り、油を身に塗り、
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
塵と汚れを洗い流し、新しい清潔な衣を身に着け、
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
内外ともに浄めて法座に安んじて身を置き、問いに随って為に説け。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
比丘·比丘尼·優婆塞·優婆夷·
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
国王·王子·群臣·士民には、·····《微妙な義を以て
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
和やかな顔をして為に説け。》
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
現代語訳の出典·「法華経」(岩波文庫)
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
備考·現代語訳の注記
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
現代語訳は、「法華経」(岩波文庫)と「法華経」のサンスクリット語原典を参照しております。ただし、たとえば「弥勒菩薩」をサンスクリット原典は「マイトレーヤ」としているため、漢文訳をそのまま引用し「弥勒菩薩」と訳しております。また、意味がわかりやすいように漢文からの訳よりも数行分広く訳しております。

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
「出品商品に関する疎明資料(自署と落款)」
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
写真右端が巻二十冒頭の写真、右下角印が伊達家(仙台藩)の家紋
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
写真中央が伊達家(仙台藩)家紋の拡大写真(竹に雀)右から3番目(左端)の右下が「素龍」自筆の署名。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
左の印のうち、上が「杉田玄白」の落款、
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
下が仙台藩医「大槻玄沢」の落款。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
「額縁裏面の表記」
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
海外展示の際の表記は、フランス語による表記であるため、
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
額縁の裏面に下記の「表示ラベル」を貼付しております。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
「法華経 素龍の僧歴」に関する記録は次の通りです。自筆
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
画像の出典·思文閣

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト

重厚勤厳な隷書(楷書)の「法華経(妙法蓮華経)」を出品
商品説明出品した「法華経(妙法連華経)」自筆切(断簡)は、松尾芭蕉の親友で江戸·自性院無量寺の住職、柏木素龍·自筆「法華経(妙法蓮華経)」の自筆切(断簡)です。自筆の奥付には、素龍自身の自署が見えます。ほかに、「玄白」と「玄澤」の落款も見えます。「玄白」は、杉田玄白であり、「玄澤」は仙台藩医·大槻玄沢です。原本の大きさ タテ27.1センチ ヨコ13.8センチ。額縁の大きさは、タテ32.7センチ ヨコ24.8センチ。額縁は新品です。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
稀少価値1·自筆の希少価値
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
出品した「法華経」は、仙台藩が「藩政安泰祈願」のために江戸藩邸を通し、能筆家で有名な「自性院無量寺住職の柏木素龍」に依頼し、藩邸は「寄進」によってその対価としたと推定されております。巻二十の冒頭の伊達家(仙台藩)の所蔵を示す家紋が押捺されている。素龍は松尾芭蕉の親友として、「奥の細道」を清書しております。現在、その書は「素龍·清書本」として「重要文化財」に指定されております。
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
素龍·清書本「奥の細道」(国指定重要文化財)の資料及び画像は すると閲覧することができます。「奥の細道」(素龍·清書本)は、「草書体」ですが、出品した自筆は、重厚勤厳な隷書(楷書)です。「奥の細道」(素龍·清書本)は、一日あれば清書できますが、隷書(楷書)の「法華経」は、完成し江戸藩邸に納めるまでに数ヶ月を費やしたものと考えられます。「添書」から「法華経」の完成は元禄十一年(1698)です。素龍自筆·「法華経」は長い間、江戸藩邸にありましたが、度重なる「江戸の大火」により散逸消滅しました。わが家に伝来するのは散逸を免れた残りの十分の一程度で、長い間、海外において展示されておりました。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
「江戸の大火」等による散逸·消失を免れた「法華経」の断簡はその後、屏風立てになっている。さらに時代が下り、茶道の道具として活用された。「法華経」自筆の最終所有者は仙台藩医·大槻玄沢です。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
2·「極付(きわめつけ)」について
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
杉田玄白の落款は、「箔付」と同時に茶道の道具としての「極付(きわめつけ)」の意味も合わせてもっていたと推定されている。「極付(きわめつけ)」は、「極め札」と同じ意味です。古来、鑑定の目的で添付される「極め札(極付)」は、「折り紙」でありましたため、「折り紙付」とも称された。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
「極め札」を「極付」とも称するのはこうした理由によるものです。逆に偽物が多いため、信頼性がないという意味で「札付き」の言葉が生まれました。仙台藩は、茶道が盛んであり、家臣が用いる茶道具の信頼性を高めるために当代一の「能筆家」でその書が「名筆」と称された素龍の書に後年、杉田玄白の落款を付すのは仙台藩にとって「極付(きわめつけ)」の意味を持っていたと推定されている。
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
3·字体について
九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
「重要文化財」である松尾芭蕉「奥の細道」は、素龍の草書体により記されておりますが「速写」であるため一部字体がくずれております。これは、松尾芭蕉が素龍の友人であった気軽さゆえと考えられている。一方、出品した「法華経」は大藩の依頼であったことと「法華経」ゆえ一文字ごとに精密に記されております。
九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図
4·紙質
江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
「法華経」の自筆に用いられた和紙は、楮(こうぞ)の靭皮(じんぴ)の繊維を原料として漉(す)いた檀紙(だんし)に、雲母紙を載せた「料紙」です。「法華経」を書くために特別に作られたものです。
HP出品者の家で代々所蔵している柏木素龍·自筆「法華経」の断簡(断片)のうち、海外貸出の終了した自筆を「海外展示状態」の「額縁付」で出品をいたしました。出品作品以外の所蔵品を紹介した をご覧ください。ツイッター も合わせてご覧ください。

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト
肉筆 保障 保証 真筆 真筆 親筆 自筆 本物保証 本物保障 室町掛軸 掛け軸 自筆 天皇 茶道具 宗鑑 良寛 伝来 歌仙 極め 極札 極め札 鑑定

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15

九谷焼! 金山 ☆青粒鉄仙・抹茶碗☆ K7-806 新品 茶道具 茶器 ギフト

九谷焼 松堂 抹茶碗 茶道具 送料一律520円 金彩 風景画 金欄手 松堂筆 山水図 人物図

江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15
出品した商品は、柏木素龍·自筆「法華経(妙法蓮華経)」のうち、「安楽行品」の自筆です。自筆下部の印は、杉田玄白、上の印は「大槻玄沢」(仙台藩医)の落款です。大槻玄沢は杉田玄白の筆頭弟子。玄沢の名は杉田玄白の「玄」と前野良沢の「沢」をいただいたものとして有名。
「安楽行品(あんらくぎょうほん)」の内容の要旨は次の通りです。「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)は、文殊師利菩薩が、世で安楽に妙法蓮華経を修行する方法を問うたのに対し、釈尊が身·口·意·誓願の四種の安楽行を説き、これによって初心の人が妙法蓮華経を弘通し修行することを示した。具体的には、第一に身を安定にして、静寂の処にあって修行すること。第二に他人を軽蔑せず、穏やかな心で口に宣べ説くこと。第三にこの経を受持し読誦する者は、他の仏法を学ぶ者に対して嫉妬、争いの心を抱かないこと。第四に大慈大悲の心で一切衆生を救おうとの誓願を発することなどが記されている。
海外展示に際し、「Le Lotus de la Bon Loi·Soryu」〔和訳·法華経(妙法蓮華経)素龍〕と表記されております。この表記は、フランス·アメリカなど欧米の大学美術館等に展示のための「仕様基準」に準拠し表記されているものです。坂本幸男·元立正大学学長は、その著「法華経」(岩波書店刊)冒頭で、「法華経は、信仰の対象として強く深くあがめられ唱えられてきたが、同時に美しい比喩や巧みな説話の数々が文学·芸術の世界にも豊かなものをもたらした」と記しております。「法華経」の自筆が海外において額縁で展示されるのはこうした理由によるものです。
出品した商品は、松尾芭蕉の親友で江戸·浅草·自性院住職·柏木素龍·自筆「法華経(妙法蓮華経)」です。素龍は、松尾芭蕉の「奥の細道(国指定重要文化財)」を「清書(素龍·清書本)」した能筆家として有名です。自筆は重厚勤厳な「真書体(経典体)」です。
「額縁入原本」写真の印のうち、下が「杉田玄白」の落款、上が仙台藩医「大槻玄沢」の落款。「自筆原本」出品した自筆の「原文(漢文)」は次の通りです。
《妙法蓮華經。安楽行品(あんらくぎょうほん)》《令得一》····切種智。爾時世尊。欲重宣此義。而説偈言。菩薩常楽。安穏説法。於清浄地。而施床座。以油塗身。澡浴塵穢。著新浄衣。内外倶浄。安処法座。随問為説。若有比丘。及比丘尼。諸優婆塞。及優婆夷。国王王子。群臣士民。(文責·出品者)
出品した自筆の「原文の読み下し文」は次の通りです。
《妙法蓮華経 安楽行品(あんらくぎょうほん)》《解説して一》·····切種智を得せしめよ。爾(そ)の時に世尊(せそん)、重ねてこの義を宣(の)べんと欲して、偈(げ)を説(と)いて言わく、菩薩(ぼさつ)常に楽って 安穏(あんのん)に法を説け清浄の地に於(おい)て 牀座を施し油を以(もっ)て身に塗り 塵穢を澡浴し新浄の衣を著 内外倶(とも)に浄くして法座に安処して 問に随(したが)って為に説けもし比丘(ぴく) 及び比丘(ぴく)尼諸(もろもろ)の優婆塞(うばそく) 及び優婆夷(うばい)国王 王子 群臣士民あらば····《微妙(みみょう)の義を以(もっ)て》(訳·出品者)
出品した自筆の「原文の現代語訳文」は次の通りです。
《素龍清書本(重要文化財指定)の能筆家·素龍·自筆「法華経」》《妙法蓮華経 安楽行品(あんらくぎょうほん)》《大乗のみを以て、為に解説して一》···切種智を得さしめよ。」その時世尊は、重ねてこの義を宣べたいと思い、偈を以て説かれました。菩薩は、常に、願って安穏に法を説け。清浄の地に牀座〈坐る床〉を作り、油を身に塗り、塵と汚れを洗い流し、新しい清潔な衣を身に着け、内外ともに浄めて法座に安んじて身を置き、問いに随って為に説け。比丘·比丘尼·優婆塞·優婆夷·国王·王子·群臣·士民には、·····《微妙な義を以て和やかな顔をして為に説け。》現代語訳の出典·「法華経」(岩波文庫)備考·現代語訳の注記現代語訳は、「法華経」(岩波文庫)と「法華経」のサンスクリット語原典を参照しております。ただし、たとえば「弥勒菩薩」をサンスクリット原典は「マイトレーヤ」としているため、漢文訳をそのまま引用し「弥勒菩薩」と訳しております。また、意味がわかりやすいように漢文からの訳よりも数行分広く訳しております。
「出品商品に関する疎明資料(自署と落款)」写真右端が巻二十冒頭の写真、右下角印が伊達家(仙台藩)の家紋写真中央が伊達家(仙台藩)家紋の拡大写真(竹に雀)右から3番目(左端)の右下が「素龍」自筆の署名。左の印のうち、上が「杉田玄白」の落款、下が仙台藩医「大槻玄沢」の落款。
「額縁裏面の表記」海外展示の際の表記は、フランス語による表記であるため、額縁の裏面に下記の「表示ラベル」を貼付しております。
「法華経 素龍の僧歴」に関する記録は次の通りです。自筆 画像の出典·思文閣

重厚勤厳な隷書(楷書)の「法華経(妙法蓮華経)」を出品
商品説明出品した「法華経(妙法連華経)」自筆切(断簡)は、松尾芭蕉の親友で江戸·自性院無量寺の住職、柏木素龍·自筆「法華経(妙法蓮華経)」の自筆切(断簡)です。自筆の奥付には、素龍自身の自署が見えます。ほかに、「玄白」と「玄澤」の落款も見えます。「玄白」は、杉田玄白であり、「玄澤」は仙台藩医·大槻玄沢です。原本の大きさ タテ27.1センチ ヨコ13.8センチ。額縁の大きさは、タテ32.7センチ ヨコ24.8センチ。額縁は新品です。
稀少価値1·自筆の希少価値出品した「法華経」は、仙台藩が「藩政安泰祈願」のために江戸藩邸を通し、能筆家で有名な「自性院無量寺住職の柏木素龍」に依頼し、藩邸は「寄進」によってその対価としたと推定されております。巻二十の冒頭の伊達家(仙台藩)の所蔵を示す家紋が押捺されている。素龍は松尾芭蕉の親友として、「奥の細道」を清書しております。現在、その書は「素龍·清書本」として「重要文化財」に指定されております。素龍·清書本「奥の細道」(国指定重要文化財)の資料及び画像は すると閲覧することができます。「奥の細道」(素龍·清書本)は、「草書体」ですが、出品した自筆は、重厚勤厳な隷書(楷書)です。「奥の細道」(素龍·清書本)は、一日あれば清書できますが、隷書(楷書)の「法華経」は、完成し江戸藩邸に納めるまでに数ヶ月を費やしたものと考えられます。「添書」から「法華経」の完成は元禄十一年(1698)です。素龍自筆·「法華経」は長い間、江戸藩邸にありましたが、度重なる「江戸の大火」により散逸消滅しました。わが家に伝来するのは散逸を免れた残りの十分の一程度で、長い間、海外において展示されておりました。「江戸の大火」等による散逸·消失を免れた「法華経」の断簡はその後、屏風立てになっている。さらに時代が下り、茶道の道具として活用された。「法華経」自筆の最終所有者は仙台藩医·大槻玄沢です。2·「極付(きわめつけ)」について杉田玄白の落款は、「箔付」と同時に茶道の道具としての「極付(きわめつけ)」の意味も合わせてもっていたと推定されている。「極付(きわめつけ)」は、「極め札」と同じ意味です。古来、鑑定の目的で添付される「極め札(極付)」は、「折り紙」でありましたため、「折り紙付」とも称された。「極め札」を「極付」とも称するのはこうした理由によるものです。逆に偽物が多いため、信頼性がないという意味で「札付き」の言葉が生まれました。仙台藩は、茶道が盛んであり、家臣が用いる茶道具の信頼性を高めるために当代一の「能筆家」でその書が「名筆」と称された素龍の書に後年、杉田玄白の落款を付すのは仙台藩にとって「極付(きわめつけ)」の意味を持っていたと推定されている。3·字体について「重要文化財」である松尾芭蕉「奥の細道」は、素龍の草書体により記されておりますが「速写」であるため一部字体がくずれております。これは、松尾芭蕉が素龍の友人であった気軽さゆえと考えられている。一方、出品した「法華経」は大藩の依頼であったことと「法華経」ゆえ一文字ごとに精密に記されております。4·紙質「法華経」の自筆に用いられた和紙は、楮(こうぞ)の靭皮(じんぴ)の繊維を原料として漉(す)いた檀紙(だんし)に、雲母紙を載せた「料紙」です。「法華経」を書くために特別に作られたものです。
HP出品者の家で代々所蔵している柏木素龍·自筆「法華経」の断簡(断片)のうち、海外貸出の終了した自筆を「海外展示状態」の「額縁付」で出品をいたしました。出品作品以外の所蔵品を紹介した をご覧ください。ツイッター も合わせてご覧ください。
肉筆 保障 保証 真筆 真筆 親筆 自筆 本物保証 本物保障 室町掛軸 掛け軸 自筆 天皇 茶道具 宗鑑 良寛 伝来 歌仙 極め 極札 極め札 鑑定

本店は 江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15 茶碗

メルカリ安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

本店は 江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15 茶碗 本店は 江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15 茶碗

龍清書本(重要文化財指定)の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品

龍清書本(重要文化財指定)の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品


龍清書本(重要文化財指定)の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品

龍清書本(重要文化財指定)の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品


第 77 回 杏雨書屋特別展示会

第 77 回 杏雨書屋特別展示会


京羽二重: Ehon Database

京羽二重: Ehon Database


第 77 回 杏雨書屋特別展示会

第 77 回 杏雨書屋特別展示会


第 77 回 杏雨書屋特別展示会

第 77 回 杏雨書屋特別展示会


この商品を見ている人におすすめ

ホーム本店は 江戸・浅草・自性院住職の能筆家・素龍・自筆「法華経」安楽行品(あんらくぎょうほん)菩薩は常に安穏に法を説く/茶道/茶道具14-15 茶碗